Reform/リフォーム

こんにちは!ゲストさん

"Reform" リフォームとは?

→改心する・改正する・改良する

英語のReformは、「政治や制度、行いなどを改める」という意味で使われているのに対し、 建物などの改築、増築、改装などの意味でよく使われている日本とでは意味が異なります。
建物などの改築、増築、改装などの英語は、 主にRenovateを使われています。
日本で使われるリフォームの意味については人によって様々で、諸説ありますが、 日本でも近年では「リノベート」の言葉の普及もあって「リフォーム」との区別が難くなっており、 ここでは日本のReformのこれからの意味について定義していきたいと考えます。
Repair 7.net/リペア セブン ネットとしてリフォームは、そのもの全体ではなく部分や部位に焦点を置いたものとし、 カテゴリーに関係なく 「壊れたり不具合のある部分・部位を、新品当時以上のデザインや機能・性能へ改良すること」と定義します。
例えば住宅のリフォームでは、「老朽化したキッチンを、最新機能式にリフォームする」 「陶器製の一般的な屋根瓦を、軽くて丈夫な最新素材瓦にリフォームする」、 衣服のリフォームでは、「当時流行っていたロングコートを、丈を短くリフォームする」 「ワイドパンツを、今流行のスリムパンツにリフォームする」などがあげられます。
また自動車では、「効きの悪いブレーキを、スポーツパットやスリットローターに交換して性能を良くする」 「安定感のない柔らかいサスペンションを、スポーツサスペンションに交換して安定性を高める」 などもここでは立派なリフォームと考えます。

Reform/リフォームのイメージ図。リフォームとは
「壊れたり不具合のある部分・部位を、新品当時以上のデザインや機能・性能へ改良すること」とRepair 7.net/リペア セブン ネットでは定義します。
Repair 7.netは、ビジネスモデル特許を特許庁に出願中です。

Copyright (C) 2017 Alternative Inc.  All Rights Reserved.